ハープ講師紹介
                                                         50音順でご紹介しています
ハープ 浜出身。桐朋学園大学管打楽器科(ハープ専攻)首席卒業。在学中にパリ国立高等音楽院に2年間留学。大学卒業時に新人演奏会、
読売新人演奏会に出演。桐朋学園ソリストオーディションに合格し飯守泰次郎指揮桐朋学園オーケストラと協演。
日演連推薦新人演奏会にて梅田俊明指揮仙台フィルハーモニー管弦楽団と協演。
第4回日本ハープコンクール・プロフェッショナル部門第3位入賞、マリア・コルチンスカ国際ハープコンクール(イギリス・マン島)特別賞受賞。
第4回世界ハープ会議(フランセス・セーヴル)出演。札幌市民芸術祭奨励賞受賞。
過去「21世紀への懸け橋」シリーズ(全3回)を開催、また2016年から「秋のハープミニコンサート」シリーズを開始しハープの
魅力を伝えるかたわら、道内各地のオーケストラに客演する。指導においては「発表会で緊張しても演奏が
崩れない練習法」を心がける。
札幌音楽家協議会会員、井関楽器音楽教室講師、麻生教会オルガニスト、ともしび会協力音楽家。
たけかわ なほこ
武川 奈穂子講師
ハープ 昭和音楽大学卒業。北海道出身。4歳からピアノを始め、
高校の部活動でハープに出会う。
ハープを村上直子、山崎祐介、アンナ・ローロの各氏に師事。
様々なブラスバンドやオーケストラのエキストラ奏者として
活動する他、学校の吹奏楽のハープ指導なども行っている。

ながさき ゆかり
長崎 由加利講師
ハープ 東京生れ、ハープをヨゼフ・モルナール氏に、指揮法・演奏解釈を故 斎藤秀雄氏に師事。
桐朋学園女子高等学校音楽科卒業後、スイス・ジュネーヴ国際音楽コンクール入選。
桐朋学園大学ディプロマコースを経て、新日本フィルハーモニー交響楽団に入団、以後12年間
首席奏者を務める。フランス国際ハープ協会主催、第一回マリー・アントワネット・カザラ国際
ハープコンクール第4位入賞。1997年より8年間桐朋学園大学音楽学部の講師を務める。
現在、フリーで、ソロ及び室内楽演奏活動の他、サイトウキネン・オーケストラをはじめ、国内主要
オーケストラ及び外来オーケストラのエキストラ奏者として活躍中。
日本ハープ協会理事。有限会社アルページュ音楽事務所 取締役。
やまぐち ゆうこ
山口 裕子講師



検索エンジンからこのページから入った方は  からゆっくりご覧になって下さい♪